日銀決定会合、物価見通し下方修正へ 原油急落で鈍化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日銀本店=本社ヘリから撮影
日銀本店=本社ヘリから撮影

 日銀は22、23日に開く金融政策決定会合で、2019年度の物価上昇率見通しの下方修正を検討する。原油価格の下落などで、前年度比1.4%とした現行の見通しの実現が困難になったため。会合でまとめる「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)に盛り込む。

 昨年末の原油価格急落を受け、物価上昇率は燃料代を中心に下落が見込まれ、日銀内では「物価上昇の勢いは弱い」との見方が大勢だ。会合では、19年度の見通しを1%を若干上回る程度に引き下げ、20年度も1.5%から小幅に下げる見通し。足元の…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

あわせて読みたい

ニュース特集