メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱合意案、英下院が歴史的大差で否決 混迷深まる メイ首相は「21日にも代替案」

メイ英首相=AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英下院は15日夜(日本時間16日早朝)、欧州連合(EU)からの離脱合意案を採決し、賛成202、反対432の大差で否決した。野党労働党は内閣不信任案を提出し、16日夜(日本時間17日未明)に投票が実施される。議員の大半は経済が大混乱する「合意なき離脱」を避けるよう求めているが、議会は離脱派と残留派に分断されたままで、3月の離脱期限が迫る中、先行きは混沌(こんとん)としている。

 メイ首相は否決直後、下院で「議会が合意案を支持しないのは明らかになった」と敗北を認めた。一方で、EUと交渉可能かつ下院の支持を得られる代替案を、与党保守党議員だけでなく労働党とも協議して練り直し、EUと協議することを明らかにした。代替案は21日にも提示すると約束した。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです