メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱合意案、英下院が歴史的大差で否決 混迷深まる メイ首相は「21日にも代替案」

メイ英首相=AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英下院は15日夜(日本時間16日早朝)、欧州連合(EU)からの離脱合意案を採決し、賛成202、反対432の大差で否決した。野党労働党は内閣不信任案を提出し、16日夜(日本時間17日未明)に投票が実施される。議員の大半は経済が大混乱する「合意なき離脱」を避けるよう求めているが、議会は離脱派と残留派に分断されたままで、3月の離脱期限が迫る中、先行きは混沌(こんとん)としている。

 メイ首相は否決直後、下院で「議会が合意案を支持しないのは明らかになった」と敗北を認めた。一方で、EUと交渉可能かつ下院の支持を得られる代替案を、与党保守党議員だけでなく労働党とも協議して練り直し、EUと協議することを明らかにした。代替案は21日にも提示すると約束した。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国の感染者5000人超す 死者131人に

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 新潟大でカルテ不正閲覧か 刺殺事件で司法解剖した女性 ログ解析、調査へ

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです