メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン、人工衛星投入に失敗 米が非難声明

ポンペオ米国務長官=AP

 【ワシントン会川晴之】イランは15日、テヘラン近郊の宇宙基地から人工衛星を打ち上げたが、軌道投入に失敗した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術取得につながるとして、打ち上げ中止を求めていたポンペオ米国務長官はツイッターで非難声明を出した。

 イランは2009年に初めて衛星の軌道投入に成功し、有人飛行を目指している。今回の打ち上げに使用されたロケットは、新型の「シモルグ」と見られる。シモルグは1段目に北朝鮮から調達した中距離ミサイル「ノドン」を…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです