メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

英離脱案否決、近く代替案 メイ首相、合意見通せず

EU離脱合意案を巡る英下院採決の結果

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英下院(定数650)で15日夜(日本時間16日早朝)、欧州連合(EU)からの離脱合意案の採決が行われ、賛成202、反対432の大差で否決した。野党労働党は内閣不信任案を提出し、16日夜(日本時間17日未明)に投票が行われる。不信任案は否決される公算が大きく、その場合、メイ首相は21日にも代替案を議会に提出する見通し。下院、EU双方が受け入れ可能な代替案を提示できるかは未知数で、3月の離脱期限を延長する案も浮上している。

 メイ氏は否決直後、下院で「議会が合意案を支持しないのは明らかになった」と述べ、現在の合意案では離脱…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1012文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです