海外公務中に市議が飲酒 北九州の市民団体が費用返還提訴へ 「実態は観光」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北九州市議が昨年夏の海外視察で公務中に飲酒していた問題で、市民団体「市民オンブズマン北九州」のメンバーらは15日、参加市議8人に視察費の全額約800万円の返還請求をするよう市長に命じることを求める住民訴訟を2月にも福岡地裁に起こす方針を固めた。関係者への取材で分かった。

 市議は昨年6月24日~7月1日、スペインとフィンランドを訪問した。公務中の昼間から飲酒したり、…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

ニュース特集