「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
炊きあげる筒粥を見守る神職たち
炊きあげる筒粥を見守る神職たち

 諏訪大社下社春宮(長野県下諏訪町)で14日夜から15日早朝にかけて、諏訪の七不思議とされる「筒粥(つつがゆ)神事」があった。今年の世相や農作物の作況を占う行事で、神託(五分満点)の「世の中」は去年と同じ「三分五厘」。諏訪大社は「例年になくかゆの入りにばらつきが多く去年より少し落ちる。要注意の年ではないか」とした。

 この神事は、43種類の農作物名と世の中を記したヨシの茎44本を束ねたものを米と小豆、水を入れた釜で一晩中炊きあげ、茎に入ったかゆの量や状態などで作物の出来などを予想する。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集