メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

炊きあげる筒粥を見守る神職たち

 諏訪大社下社春宮(長野県下諏訪町)で14日夜から15日早朝にかけて、諏訪の七不思議とされる「筒粥(つつがゆ)神事」があった。今年の世相や農作物の作況を占う行事で、神託(五分満点)の「世の中」は去年と同じ「三分五厘」。諏訪大社は「例年になくかゆの入りにばらつきが多く去年より少し落ちる。要注意の年ではないか」とした。

 この神事は、43種類の農作物名と世の中を記したヨシの茎44本を束ねたものを米と小豆、水を入れた釜で…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです