メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里に「誇りに思って」「よく頑張った」 地元・茨城、引退を惜しむ

牛久市民栄誉賞の授賞式では多くの市民らが詰めかけた=茨城県牛久市で2017年2月18日、松田嘉徳撮影

 久々の日本出身横綱として相撲人気を支えた稀勢の里の引退に、地元・茨城県内からはねぎらいや惜しむ声が聞かれた。

 同県牛久市出身の稀勢の里は幼稚園から中学校まで隣の同県龍ケ崎市で過ごした。同市立松葉小時代は少年野球チーム「龍ケ崎ハリケーンズ」でプレー。指導した総監督の岩瀬正和さん(70)は引退をラジオの速報で知り、「みんなの期待を背負って相当なプレッシャーがあったと思う。けがの後、よくここまで頑張ってきた。本当にご苦労さまでした」とねぎらった。

 小学校時代は「ランニングが苦手で公園の階段を駆け上がるトレーニングでへばった顔をしていたが、負けず…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです