メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土俵入りの刀鍛冶「立派な関取育てて」 稀勢の里ねぎらう

 稀勢の里の土俵入りで、太刀持ちが掲げる太刀を制作した岐阜県関市の刀匠「藤原兼房」25代の加藤賀津雄(かつお)さん(62)は「昨年の秋場所で勝ち越し、千秋楽の時に会った際、『良かったなあ』と声をかけると、横綱はニコッと笑って『頑張ります』と答えた。つらかったと思うが、プレッシャーに耐えてよく頑張った」とねぎ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  5. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです