メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞に上田岳弘さんと町屋良平さん 直木賞に真藤順丈さん

作家の上田岳弘さん=東京都文京区で2019年1月

 第160回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に上田岳弘さん(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と、町屋良平さん(35)の「1R1分34秒」(新潮11月号)が、直木賞に真藤順丈(しんどうじゅんじょう)さん(41)の「宝島」(講談社)が選ばれた。上田さんは3回目、町屋さんは2回目、真藤さんは初の候補での受賞になった。「宝島」は山田風太郎賞とのダブル受賞。贈呈式は2月下旬、都内で行われ、正賞の時計と副賞の100万円が贈られる。

 上田さんは兵庫県明石市生まれ。早稲田大卒。ITベンチャーの設立に加わって現在まで役員を務めつつ、小…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです