ASKAさん勝訴 タクシー会社、車内映像をテレビに提供で 東京地裁が賠償命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 タクシー乗車中の映像を報道機関に無断で提供したのは違法だとして、歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(60)がタクシー会社に慰謝料など1100万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、220万円の賠償を命じた。吉村真幸裁判長は「提供に公益性が認められない」などと述べた。

 判決によると、ASKAさんは2016年11月28日、東京都内で三陽自動車交通(東京都江東区)のタクシーに乗り、自宅前で下車。直後に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された(後に不起訴)。同社は翌29日、車内のド…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集