阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「生」の文字をかたどった石積みの前で黙とうする人たち=兵庫県宝塚市で2019年1月16日午後5時46分、久保玲撮影
「生」の文字をかたどった石積みの前で黙とうする人たち=兵庫県宝塚市で2019年1月16日午後5時46分、久保玲撮影

 兵庫県宝塚市の武庫川の中州で16日夕、「生(せい)」の字をかたどった石積みのオブジェ(縦約20メートル、横約10メートル)が明かりに照らし出された。阪神大震災の発生時刻の12時間前の午後5時46分には、犠牲者を悼む人々が集まり黙とうした。

 震災から10年の2005年に市内の現代美術家、大野良平さん(59)が人間の命や営み…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集