メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で

「生」の文字をかたどった石積みの前で黙とうする人たち=兵庫県宝塚市で2019年1月16日午後5時46分、久保玲撮影

 兵庫県宝塚市の武庫川の中州で16日夕、「生(せい)」の字をかたどった石積みのオブジェ(縦約20メートル、横約10メートル)が明かりに照らし出された。阪神大震災の発生時刻の12時間前の午後5時46分には、犠牲者を悼む人々が集まり黙とうした。

 震災から10年の2005年に市内の現代美術家、大野良平さん(59)が人間の命や営み…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです