メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず

大相撲初場所、栃煌山に寄り切りで敗れて初日から3連敗となり厳しい表情を見せる稀勢の里=両国国技館で2019年1月15日、和田大典撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が現役を引退することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が16日、「昨夜、本人から伝えられた」と明らかにした。稀勢の里は東京・両国国技館で開催中の初場所に進退を懸けて出場したが、初日から3連敗。昨年9月の秋場所千秋楽から、15日制になった1949年夏場所以降の横綱として最長の8連敗(不戦敗を除く)を喫した。16日の初場所4日目の錦木戦は不戦敗になる。

 稀勢の里は新横綱優勝を果たした2017年3月の春場所で左大胸筋などを痛めた。このけがが完治せず、翌…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文867文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです