メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず

大相撲初場所、栃煌山に寄り切りで敗れて初日から3連敗となり厳しい表情を見せる稀勢の里=両国国技館で2019年1月15日、和田大典撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が現役を引退することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が16日、「昨夜、本人から伝えられた」と明らかにした。稀勢の里は東京・両国国技館で開催中の初場所に進退を懸けて出場したが、初日から3連敗。昨年9月の秋場所千秋楽から、15日制になった1949年夏場所以降の横綱として最長の8連敗(不戦敗を除く)を喫した。16日の初場所4日目の錦木戦は不戦敗になる。

 稀勢の里は新横綱優勝を果たした2017年3月の春場所で左大胸筋などを痛めた。このけがが完治せず、翌…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです