メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

新横綱優勝、感動と代償と 稀勢の里、けがの前の体に戻れず

横綱・稀勢の里の引退について報道陣の質問に答える田子ノ浦親方=東京都江戸川区で2019年1月16日午前8時51分、長谷川直亮撮影

 大相撲当代きっての人気力士、横綱・稀勢の里(32)が土俵を去る。東京・両国国技館での初場所3日目の15日、初日から3連敗を喫したのが現役最後の相撲になった。新横綱優勝を遂げた2017年3月の春場所で左胸や腕を痛めた影響は大きく、その後の皆勤は昨年秋場所だけ。横綱としての勝利数は年6場所制で最少の36に終わったが、真摯(しんし)に相撲に向き合う姿は多くのファンに愛された。

 稀勢の里は17年春場所、初日から12連勝で迎えた13日目に横綱・日馬富士(引退)に寄り倒されて敗れ…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです