メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」

引退の記者会見をする稀勢の里=両国国技館で2019年1月16日午後3時41分、渡部直樹撮影

 大相撲の第72代横綱・稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が16日、現役を引退した。東京・両国国技館で師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)とともに引退記者会見に臨んだ稀勢の里は、「土俵人生において、一片の悔いもございません」と、声を詰まらせながら現役生活を振り返った。

 稀勢の里は2017年初場所で初優勝し、日本出身力士として1998年夏場所後の若乃花以来19年ぶりに…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです