メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」

引退の記者会見をする稀勢の里=両国国技館で2019年1月16日午後3時41分、渡部直樹撮影

 大相撲の第72代横綱・稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が16日、現役を引退した。東京・両国国技館で師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)とともに引退記者会見に臨んだ稀勢の里は、「土俵人生において、一片の悔いもございません」と、声を詰まらせながら現役生活を振り返った。

 稀勢の里は2017年初場所で初優勝し、日本出身力士として1998年夏場所後の若乃花以来19年ぶりに…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです