メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青山組、攻撃姿勢貫きシード勢破る 全豪テニス

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第3日は16日、女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)リジヤ・マロザワ(ベラルーシ)組が6―4、6―3で第12シードのアンナレナ・グローネフェルト(ドイツ)バニア・キング(米国)組を破り、初戦を突破した。

 昨夏に結成したペアがシード勢を打ち破った。「相手が強いと考えず、気持ちがしっかり準備できていた」。31歳の青山は満足げな表情を浮かべた。

 攻撃的な姿勢を貫いた。第1セットは2―3から3ゲーム続けて奪い、第2セットも0―1から3ゲームを連…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです