メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里引退、スポーツ界から惜しむ声

引退の記者会見をする稀勢の里=両国国技館で2019年1月16日午後3時41分、渡部直樹撮影

 けがと闘いながら記憶に残る勝負を演じた稀勢の里の引退に、スポーツ界からもねぎらいの声が相次いだ。

 数年前から親交がある柔道男子日本代表の井上康生監督は「けがをして本当に苦しい戦いの連続にもかかわらず、言い訳一つせずに最後まで戦い抜いたのは素晴らしかった」とたたえた。ともに大胸筋のけがに苦しんだ経験から、相談を受けたこともあったという。井上監督は「(自分の体験を)伝えきれなかった申し訳なさ、悔しさがある」と話…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです