メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里引退、スポーツ界から惜しむ声

引退の記者会見をする稀勢の里=両国国技館で2019年1月16日午後3時41分、渡部直樹撮影

 けがと闘いながら記憶に残る勝負を演じた稀勢の里の引退に、スポーツ界からもねぎらいの声が相次いだ。

 数年前から親交がある柔道男子日本代表の井上康生監督は「けがをして本当に苦しい戦いの連続にもかかわらず、言い訳一つせずに最後まで戦い抜いたのは素晴らしかった」とたたえた。ともに大胸筋のけがに苦しんだ経験から、相談を受けたこともあったという。井上監督は「(自分の体験を)伝えきれなかった申し訳なさ、悔しさがある」と話…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです