メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西岡良仁、3回戦の壁破れず 全豪テニス

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープンは第3日の16日、男子シングルス2回戦で、西岡良仁(ミキハウス)が3―6、3―6、3―6で第10シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に敗れ、4大大会自身初の3回戦進出を逃した。

 またも壁にはね返された。西岡は4大大会12回目の出場にして初の3回戦進出を狙ったが届かなかった。「欲しい時に(ポイントが)取れなかった」と悔しさをにじませた。

 勝負どころは1セットを先取された後の第2セットの3―3で迎えた7ゲーム目だった。ハチャノフのサービ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 奈良・三宅町の森田町長、育児で時短勤務へ

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. NATO 宇宙を作戦領域に 兵器配備は否定

  5. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです