メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「今朝から寂しいものがあった」稀勢の里引退で白鵬

引退を表明し、記者会見する横綱・稀勢の里(左)と、田子ノ浦親方=東京・両国国技館で2019年1月16日午後3時54分、渡部直樹撮影

 横綱・白鵬は、稀勢の里の引退について「今朝から寂しいものがあった」と心境を吐露した。「気持ちを切り替えて、勝たないといけないと思った」という平幕・北勝富士との結びは、押し込まれながらも土俵際で執念を見せて物言いの末に4連勝を決めた。稀勢の里が引退会見で最も印象に残った取組に、2017年初場所千秋楽で白鵬をすくい投げで破った一番を挙げたことについて、白鵬は「託されたということ。…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです