メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

稀勢の里、愛された横綱 山あり谷あり涙あり

引退を表明し、記者会見する横綱・稀勢の里(左)と、田子ノ浦親方=東京・両国国技館で2019年1月16日午後3時54分、渡部直樹撮影

 16日に引退を決めた横綱・稀勢の里は、早くから久々の日本出身横綱候補として期待を集めた。若手時代は全盛期の横綱・朝青龍に一目置かれ、横綱・白鵬の連勝記録を止めた。一方で下位に取りこぼすことも多く、大関になってから何度も優勝を逃した。15歳で角界入りした、現在の幕内では少数派の「たたき上げ」。時には人目をはばからず涙も見せる、山あり谷ありの歩みは絶大な人気を集めた。【飯山太郎】

 稀勢の里は元横綱・隆の里の先代師匠(11年11月死去)に弟子入りし、2002年春場所で初土俵を踏ん…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1007文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです