メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里、愛された横綱 山あり谷あり涙あり

引退を表明し、記者会見する横綱・稀勢の里(左)と、田子ノ浦親方=東京・両国国技館で2019年1月16日午後3時54分、渡部直樹撮影

 16日に引退を決めた横綱・稀勢の里は、早くから久々の日本出身横綱候補として期待を集めた。若手時代は全盛期の横綱・朝青龍に一目置かれ、横綱・白鵬の連勝記録を止めた。一方で下位に取りこぼすことも多く、大関になってから何度も優勝を逃した。15歳で角界入りした、現在の幕内では少数派の「たたき上げ」。時には人目をはばからず涙も見せる、山あり谷ありの歩みは絶大な人気を集めた。【飯山太郎】

 稀勢の里は元横綱・隆の里の先代師匠(11年11月死去)に弟子入りし、2002年春場所で初土俵を踏ん…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです