メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(55)米ソ冷戦下のソ連三大バレエ招請

出演者に拍手する観客=東京文化会館で(日時不明)、西岡昌紀氏提供

 地方の一音楽マネジャーであった西岡芳和が1950年代に東京で創業し、60~70年代に日本を代表する音楽事務所として抜群の存在感を示した新芸術家協会。その代表的な仕事として、旧ソ連の三大バレエの招請がある。67年のキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)を皮切りに、80年までほぼ毎年、ボリショイ・バレエ、キエフ・バレエ(現ウクライナ)のいずれかの来日公演を実施。毎回約1カ月の滞在期間中に地方公演も行い、本場ロシアスタイルのバレエを日本に広めた功績は大きい。

 新芸招請以前にも、ソ連のバレエはあこがれの存在として日本人を熱狂させてきた。22年のアンナ・パヴロワ一行の帝国劇場での公演は、高額な入場料にもかかわらず連日超満員だった。57年には日ソ国交回復の機会に乗じた興行師の神彰(じん・あきら)らによってボリショイ・バレエの初来日が実現。ダンサーのアクロバティックな踊りは観客を魅了したばかりでなく、日本のバレエ界に奮起を促した。

この記事は有料記事です。

残り2231文字(全文2649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです