メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

インドで世界最大級の宗教行事「クンブメーラ」、数千万人が沐浴

[PR]

 1月15日、インド北部ウッタル・プラデーシュ州の街アラーハーバードで、ヒンドゥー教の行事「クンブメーラ」が始まり、数千万人の巡礼者がガンジス川などで沐浴をした。世界最大級の宗教行事といわれ、8週間に渡り行われる。(2019年 ロイター/DANISH SIDDIQUI)

 [アラーハーバード(インド) 15日 ロイター] - インド北部ウッタル・プラデーシュ州の街アラーハーバードで15日、ヒンドゥー教の行事「クンブメーラ」が始まり、数千万人の巡礼者がガンジス川などで沐浴をした。世界最大級の宗教行事といわれ、8週間に渡り行われる。

     「クンブメーラ」とは「水がめの祭り」という意味で、アラーハーバードなど4つの街で3年ごとに開催されている。この日午後4時、聖なる灰を体に塗った行者に先導され、1800万人以上の巡礼者が川に入った。

     敬虔なヒンドゥー教徒は、ガンジス川で沐浴することにより罪が清められると信じている。さらにクンブメーラの際には、輪廻転生の循環からの解脱がもたらされるという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

    2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです