メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

サリンジャー生誕100年 映画「ライ麦畑」公開で読み直すと 現代日本に響く「戦場」

映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」の1場面(ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ提供)© 2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 代表作「ライ麦畑でつかまえて(キャッチャー・イン・ザ・ライ)」が今も世界中で多くの読者を得ている米国の小説家、J・D・サリンジャーの生誕から100年。決して多いとは言えないその作品から、現代の日本の読者は何を読み取れるのか。サリンジャーの戦争体験に基づく伝記映画の公開を機に考えてみた。【井田純】

死と隣り合わせ、背景に喪失体験

 サリンジャーは1919年1月1日、ニューヨークでユダヤ系の家庭に生まれた。40年に短編「若者たち」でデビュー。51年出版の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は、これまでに30カ国語に翻訳され、世界で6500万部以上が刊行される大ベストセラーとなっている。

 「キャッチャー」は、高校を退学となった16歳のホールデン・コールフィールドがニューヨークをさまよう…

この記事は有料記事です。

残り2589文字(全文2930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです