メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の子ども劇場

俳優座稽古場であすから

(左から)天明屋渚、小泉将臣=東京都港区の俳優座で、小玉沙織撮影

 劇団俳優座は18~20日、東京・六本木の俳優座稽古(けいこ)場で、「冬の子ども劇場」を開催する。

 新作「左肩には悪い子のしるし」(天野眞由美演出)の脚本を書いた天明屋(てんみょうや)渚は、母の期待と友情との間で揺れる男の子の物語を執筆した。「どんな子が良い子なのか、子どもに考えてもらいたいと思って書きました」。自身が子ども時代に親の期待…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです