メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

尾上松緑 父への思い、舞台に託す 初代尾上辰之助「三十三回忌追善狂言」

尾上松緑=尾籠章裕撮影

 世話物、時代物、舞踊に優れた力量を持つ立ち役として人気を博しながら、40歳の若さで没した初代尾上辰之助の三十三回忌追善狂言が東京・歌舞伎座の「二月大歌舞伎」で上演され、長男の尾上松緑が2作に主演する。

 「父のことをご存じないお客様もいらっしゃるかもしれません。父という役者がこういうものを演じていた、ということを感じていただけるように一生懸命につとめます」

 昼の部が、「義経千本桜 すし屋」の権太。大和の釣瓶すし屋の不良息子で勘当を受けた権太が、実家にかく…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです