メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書感想画中央コンクール

優秀賞12点決定 郡山で県審査会 /福島

 第30回読書感想画中央コンクール(全国学校図書館協議会・毎日新聞社など主催)の県審査会が16日、郡山市中田町の中田ふれあいセンターで開かれた。審査で50点の入賞作品が選ばれ、このうち優秀賞12点が中央審査会に出品される。

 コンクールでは小学校低学年、同高学年、中学校、高校の4部の児童生徒が、指定された本を読む「指定読書」と自由に本を選ぶ「自由読書」での感動を表現した絵画を出品した。

 今年度は県内60校から1859点の応募があり、この日は学校審査を通過した438点を阿部嘉代子審査委員長(元郡山市立富田西小教諭)ら計12人が審査。阿部審査委員長は「今年も多彩な作品が集まった。それぞれに本をよく読み込んで描いています」と話していた。【笹子靖】

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです