メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

24年 「水備蓄 忘れないで」 県水道局の市川主査、応援給水を振り返る /千葉

 6434人が亡くなった阪神大震災から、17日で24年。発生2日後に神戸市に入り、水が出ない避難所などで応援給水を行った県水道局給水課主査の市川達也さん(45)は当時を「生きるための水を配らなければという思いで無我夢中だった」と振り返り、「災害への備えの一つとして水の備蓄を忘れないでほしい」と訴える。【加古ななみ】

 1995年1月17日午前5時46分、最大震度7の強い揺れが神戸市や淡路島などを襲った。市川さんはテ…

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです