メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

源実朝、最古の肖像彫刻 没後800年記念 鎌倉国宝館 /東京

 最近の研究の進展により、その政治手腕が再評価されつつある鎌倉幕府三代将軍の源実朝(さねとも)(1192~1219年)。若くして暗殺された悲劇の将軍にスポットを当てた特別展「源実朝とその時代」が神奈川県鎌倉市雪ノ下の鎌倉国宝館で開かれている。実朝没後800年と市制80周年を記念しての開催で、最古の肖像彫刻など約40点が展示されている。実朝の命日1月27日を含む2月3日まで。

 実朝は、幕府を開いた初代将軍頼朝の次男。失脚した兄頼家(よりいえ)に代わって征夷大将軍となり、幕府…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文839文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです