メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨日の夕刊から

「重圧によく耐えた」 土俵入り太刀制作の刀匠、引退の稀勢の里ねぎらう /岐阜

 稀勢の里の土俵入りで、太刀持ちが掲げる太刀を制作した関市の刀匠「藤原兼房」25代の加藤賀津雄(かつお)さん(62)は「昨年の秋場所で勝ち越し、千秋楽の時に会った際、『良かったなあ』と声をかけると、横綱はニコッと笑って『頑張ります』と答えた。つらかったと思うが、プレッシャーに耐えてよく頑張った」とねぎら…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです