メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海アスリート群像

山本萌恵子選手(20)=光ケ丘女子高職員 /愛知

東京パラリンピックでメダル獲得へ 迫る大舞台へ一直線

 まっすぐな視線は、来年に迫った大舞台を見据えている。日本知的障がい者陸上競技連盟(JIDAF)の強化指定選手で、1500メートルの自己ベスト記録は4分52秒77。世界ランキングは現在9位で、東京五輪・パラリンピックでの同競技代表まであと一歩のところに迫っている。

 愛知県内屈指の駅伝の強豪、光ケ丘女子高(岡崎市)で非常勤の職員として働きながら、高校生たちと練習を…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです