メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

富岡惣一郎が描く熊野の大自然 紀北・忠兵衛家所蔵 31日まで /三重

12枚の板絵、縦183センチ全長720センチなど油絵

 紀北町中里で江戸時代から続く林業家、忠兵衛家が所蔵する富岡惣一郎(1922~94)の作品を展示する特別展が、町立海山郷土資料館(同町中里)で開催されている。31日まで。

 富岡氏は新潟県出身の油絵作家で、白を基調とした「トミオカホワイト」と呼ばれる独自の画法を確立。72年に「古代日本の霊地を見たい」と…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです