メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

芸術家の模索 自閉症・古久保さんを追う「勇気もらえる作品」 東近江で20日・先行上映会 /滋賀

映画「描きたい、が止まらない」のチラシ=パオネットワーク提供

 「アール・ブリュット」(生(き)の芸術)と呼ばれる障害者アートの作家で、国内外で活躍する東近江市在住の古久保憲満(こくぼのりみつ)さん(23)を描いた映画「描きたい、が止まらない」(近藤剛監督、90分)=写真はチラシ、パオネットワーク提供=が完成した。古久保さんが独自の発想で街を描く様子や、自立に挑む姿などを追う。東近江市の市立八日市文化芸術会館(青葉町)で20日、上映会が開かれる。【蓮見新也】

 古久保さんは自閉症で対人関係が苦手だったが、3歳の頃から絵を描くと気持ちが落ち着いた。以降、創作活…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです