メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「南阿蘇鉄道」支援の輪 カレンダー原画展 阪神大震災経験の画家ら 福島・26日まで /大阪

熊本支援のために作品を手がけた(左から)志方弥公さん、蒼澄空良さん、浜本節子さん=大阪市福島区玉川の「カフェ ウエウエ テナンゴ」で、前本麻有撮影

 2016年の熊本地震で被害を受けた「南阿蘇鉄道」を支援しようと制作されたチャリティーカレンダーの原画展が、大阪市福島区玉川1の「カフェ ウエウエ テナンゴ」で開かれている。描いたのは阪神大震災を経験した関西の画家や漫画家たちだ。26日まで。【前本麻有】

 熊本地震の被害を知った鉄道好きの兵庫県西宮市のライター・古本卓嗣(たくじ)さん(48)が何か支援をできないかと呼びかけた。すると阪神大震災を経験した同市在住の画家・志方弥公(みさと)さんや漫画家・蒼澄空良(あおずみそら)…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです