メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「南阿蘇鉄道」支援の輪 カレンダー原画展 阪神大震災経験の画家ら 福島・26日まで /大阪

熊本支援のために作品を手がけた(左から)志方弥公さん、蒼澄空良さん、浜本節子さん=大阪市福島区玉川の「カフェ ウエウエ テナンゴ」で、前本麻有撮影

 2016年の熊本地震で被害を受けた「南阿蘇鉄道」を支援しようと制作されたチャリティーカレンダーの原画展が、大阪市福島区玉川1の「カフェ ウエウエ テナンゴ」で開かれている。描いたのは阪神大震災を経験した関西の画家や漫画家たちだ。26日まで。【前本麻有】

 熊本地震の被害を知った鉄道好きの兵庫県西宮市のライター・古本卓嗣(たくじ)さん(48)が何か支援をできないかと呼びかけた。すると阪神大震災を経験した同市在住の画家・志方弥公(みさと)さんや漫画家・蒼澄空良(あおずみそら)…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです