メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新くるまいすまいる

ゆりあ絵日記 /兵庫

絵・林やよいさん

 24年前の震災の朝、夫は夜勤のため不在で、私は2歳のゆりあと3歳の息子と3人で寝ていました。ものすごい揺れに夢から引きずり出され、ふすま1枚隔てた隣のリビングダイニングで何かが床に落ちては壊れ続ける音がやんだ後、子どもたちの無事を確認してから最初にしたことをよく覚えています。私はマンションの窓を開けて、外をのぞきました。「みんなはどうしているんだろう?」。凍(い)てついた真っ暗な戸外は、不思議なくらい静かでした。「これ、地震だよ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです