メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
原発と暮らし

島根2・3号機のいま/3 要支援者避難、難しく 想定外の事態に“未対応” /鳥取

放射線の流入を防ぐために設置する排気装置の説明をする高井美佳課長=松江市鹿島町名分の鹿島病院で、根岸愛美

 境港市の足田芳憲さん(65)は米子市内の鉄鋼関連の工場にマイカー通勤している。境港は全域が中国電力島根原発(松江市)の30キロ圏。勤務中に原発事故が万一起きた場合、自宅ではなく境港市内にある妻の実家に直行する、と決めている。自力で動けない90代の義母がいるためだ。

 義母の日常の介護は足田さんの妻と妻の弟夫婦、ヘルパーで対応している。足田さんは「義母を1人で動かすことや、車いすでの移動は難しい」と実情を語る。自前のストレッチャーやワゴン車はない。市から避難の手順を聞いた記憶はないという。「最悪の場合、避難を諦めて残るしかない」と覚悟する。

 足田さんは官民でつくる市原発環境安全対策協議会の公募枠委員。島根原発3号機の新規制基準適合審査申請…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1067文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです