メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大田市人物伝

収録40人に増 聴聲会、第2版発行 /島根

「大田市人物伝」第2版を編集した聴聲会のメンバー=島根県大田市大田町の市民センターで、柴崎達矢撮影

 大田市に関わりがある人物を紹介する「大田市人物伝」の第2版が発行された。初版から9年がたち、市内外から再発行の要望があったといい、収録人物を40人に増やした。大田市内の小中学校長経験者で構成する発行元の聴聲会(ちょうせいかい)は「先人の活躍を取り上げることで、大田市に愛着と誇りを持ってほしい。小学生からお年寄りまで読んでもらいたい」と話している。

 聴聲会は2009年9月、石見銀山の奉行として知られる大久保長安や代官を務めた井戸平左衛門ら37人を…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです