メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
津和野高

教員働き方改革 職員室、魅力ある場に レイアウト変更、生徒面談充実も /島根

書類が山積みされた机が並ぶ津和野高の職員室=島根県津和野町後田で、竹内之浩撮影

 県立津和野高校(津和野町後田)が教員の働き方改革の一環として、職員室のレイアウトやオフィス用品を刷新して働きやすくする取り組みを進めている。落ち着いて生徒と面談できる場所を設けるなど、生徒指導の充実につなげる狙いもある。スイスの家具メーカー「ヴィトラ」の協力を得て、4月に新しい職員室を完成させる。【竹内之浩】

 熊谷修山(おさま)校長(57)が、仕事の能率向上や多忙感の解消を図ろうと計画。現在は縦7メートル、…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文713文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです