メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津和野高

教員働き方改革 職員室、魅力ある場に レイアウト変更、生徒面談充実も /島根

書類が山積みされた机が並ぶ津和野高の職員室=島根県津和野町後田で、竹内之浩撮影

 県立津和野高校(津和野町後田)が教員の働き方改革の一環として、職員室のレイアウトやオフィス用品を刷新して働きやすくする取り組みを進めている。落ち着いて生徒と面談できる場所を設けるなど、生徒指導の充実につなげる狙いもある。スイスの家具メーカー「ヴィトラ」の協力を得て、4月に新しい職員室を完成させる。【竹内之浩】

 熊谷修山(おさま)校長(57)が、仕事の能率向上や多忙感の解消を図ろうと計画。現在は縦7メートル、…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです