メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

地域で声を 大阪・性善寺の柴谷さん、松山で講演 四国遍路で仏教勉強 「どんな人でも受け入れて」 /愛媛

性同一性障害を打ち明けられずに苦しんだ経験や「性善寺」の取り組みについて語る柴谷宗叔さん=松山市で、花澤葵撮影

 性同一性障害の僧侶、柴谷宗叔(しばたにそうしゅく)さん(64)による講演が15日、松山市湊町7の市総合コミュニティセンターであった。51歳まで全国紙記者として会社に務め、性についての悩みを誰にも打ち明けられずに苦しんだ経験などを語り、「(性的少数者の)当事者は地方には住みづらく、都会に出てくる。それぞれの地域や職場で声をあげていただけたら」と訴えた。【花澤葵】

 松山市人権教育研究大会の一環で、「四国でいただいた人生」と題して講演。学校関係者や地域住民ら約85…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです