メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊エンタメ

こんな夜更けにバナナかよ 実話を脚色、映画化 堅苦しくない青春ドラマ /福岡

 札幌市に実在した重度の障害者、鹿野靖明さん(2002年死去)と彼を支えたボランティアを約2年半、密着取材した渡辺一史のノンフィクションを脚色、映画化した。障害を題材にしているが、啓発的な堅苦しさとは無縁。不完全な若者たちが、支えたり、支えられたりしながら成長し、世間の常識や価値観と闘う青春ドラマと言える。

 鹿野(大泉洋)は難病の筋ジストロフィーで車椅子生活。動くのは首と手先だけでトイレも着替えも介助が必…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです