メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

発想、わき出す温泉のように 「BEPPU PROJECT」山出代表が初の著書 /大分

アート法人設立から13年間の歩みつづる 「目標は地域の生活、心を豊かに」

 別府市を拠点に活動するNPO法人「BEPPU PROJECT」の山出淳也代表(48)が、初の著書「BEPPU PROJECT 2005~2018」を出版した。活動開始から今までの歩みを振り返り、現代美術を通して目指していることを、分かりやすく説明。「僕らの目標は地域の生活や心を豊かにすること。その手段として現代アートを使う」と語る。【大島透】

 大分市出身の山出さんは最初、現代美術の若手作家として注目され、米国に住んだ。続いて文化庁の在外派遣…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1175文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです