メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウキュウアユ

2万962匹を確認 大幅な減少の前年から回復 /鹿児島

 自然の状態では鹿児島県の奄美大島だけに生息するアユの一種「リュウキュウアユ」をめぐり、奄美リュウキュウアユ保全研究会(会長・四宮明彦元鹿児島大教授)は、奄美大島の17河川で実施した調査で2万962匹を確認したと発表した。大幅に減少した前年の4430匹から回復した。

 調査は昨年11月17、18日に鹿児島大や琉球大などが実施した。最も多かったのは奄美市住用町の役勝川で9520匹(前年1688匹)。このほか住用町の川内(かわうち)川5884匹▽同町の住用川2742匹▽宇検村(うけんそん)の河内川6…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです