メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

発生から24年

「生」の文字をかたどった石積みの前で黙とうする人たち=兵庫県宝塚市で2019年1月16日午後5時46分、久保玲撮影

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から24年を迎え、平成最後の追悼行事が各地で開かれる。昨年は西日本豪雨や台風21号、北海道地震などの災害が多発。南海トラフ巨大地震も懸念され、防災対策の重要性は増している。

 阪神の被災地には課題も残されている。自治体が被災者向けに20年契約で借り上げた…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです