メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

台湾譲れぬ米中=坂東賢治

 <moku-go>

 40年前の1979年1月28日、中国の最高実力者、トウ小平氏を乗せた専用機がワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に降り立った。元日に米中国交正常化が実現したばかり。歴史的訪問は中国にとって重要な春節(旧正月)にスタートした。

 ヤマ場はテキサス州のロデオ会場訪問だった。小柄なトウ氏がテンガロンハットをかぶった姿は多くの米国人に中国への親近感を持たせた。

 関係が安定したわけではなかった。その後も米中関係は「振り子」のように悪化と改善の間で揺れ動いてきた。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 今年最も流れた曲 あいみょん

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです