メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

10歳で囲碁プロになれる? 「英才棋士」新設 仲邑さん第1号=回答・最上聡

 なるほドリ 小学4年の仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)=写真左・日本棋院提供=が4月に史上最年少の10歳0カ月で囲碁(いご)のプロ棋士(きし)になることが決まったね。

 記者 日本棋院(にほんきいん)が昨年12月に新設した「英才特別採用推薦棋士(えいさいとくべつさいようすいせんきし)」の第1号に選ばれました。将来、中国、韓国などと渡り合い、国際棋戦(こくさいきせん)で優勝できる可能性のある有望な小学生を棋士が推薦し、本因坊(ほんいんぼう)など7大タイトルの保持者や、ナショナルチームの監督・コーチが採用を判断する制度です。試験対局や、対局の記録(棋譜(きふ))を見ることで審査しました。いわば“推薦入試”ですね。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです