メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

今年の憲法論議 落ち着き取り戻すか 安倍改憲案を相対化=論説委員長・古賀攻

 今年の政治日程は濃密だ。天皇代替わり関連の諸行事が続くのに加え、4月に外国人労働者の新制度、夏に参院選、10月に消費税率引き上げが待っている。間を縫って日本での国際会議や日露の領土交渉、日米・日韓の懸案処理もあるから、さすがの安倍晋三首相も憲法改正で突っ走るわけにはいくまい。だが、首相が前に出なければかえって憲法の論議は落ち着きを取り戻せるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2230文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです