メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

今年の憲法論議 落ち着き取り戻すか 安倍改憲案を相対化=論説委員長・古賀攻

 今年の政治日程は濃密だ。天皇代替わり関連の諸行事が続くのに加え、4月に外国人労働者の新制度、夏に参院選、10月に消費税率引き上げが待っている。間を縫って日本での国際会議や日露の領土交渉、日米・日韓の懸案処理もあるから、さすがの安倍晋三首相も憲法改正で突っ走るわけにはいくまい。だが、首相が前に出なければかえって憲法の論議は落ち着きを取り戻せるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2230文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです