メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

今年の憲法論議 落ち着き取り戻すか 安倍改憲案を相対化=論説委員長・古賀攻

 今年の政治日程は濃密だ。天皇代替わり関連の諸行事が続くのに加え、4月に外国人労働者の新制度、夏に参院選、10月に消費税率引き上げが待っている。間を縫って日本での国際会議や日露の領土交渉、日米・日韓の懸案処理もあるから、さすがの安倍晋三首相も憲法改正で突っ走るわけにはいくまい。だが、首相が前に出なければかえって憲法の論議は落ち着きを取り戻せるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2230文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです