メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
訪日客

消費伸び悩み 地方へ誘導、カギ

大勢の外国人旅行者らでにぎわう伏見稲荷大社=京都市伏見区で2019年1月10日、釣田祐喜撮影

 観光庁が16日発表した2018年の訪日外国人旅行者数は3119万人、消費額は4兆5064億円といずれも過去最高だった。しかし、消費額は節目の5兆円に届かず頭打ち。「20年に4000万人、8兆円」の目標を掲げる安倍政権は、手薄だった訪日客の地方誘致と消費拡大に力を入れるが、成果は上がるのか。一部地域では交通渋滞などが社会問題化し、「観光立国」に向けた課題は多い。

 訪日客は格安航空会社(LCC)の就航などで増え続けているが、これまでは大都市圏に集中していた。観光…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1857文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです