メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

米中対立一番のリスク 野村HD・永井浩二グループCEO

インタビューに応じる野村ホールディングスの永井浩二グループCEO=東京都内で2018年12月27日、竹下理子撮影

 --昨年末から株価が急落するなど市場が不安定化しています。

 ◆日経平均株価が2万円を割るような状況は、企業価値から見て極めて割安だ。海外の不確実性に引きずられている。企業業績は堅調であり、為替が想定外に円高になったり、中国景気が大きく落ち込んだりしない限り、増益基調は続くだろう。本来の価値に戻れば、2万4000円程度まで上がると考える。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです