メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

米中対立一番のリスク 野村HD・永井浩二グループCEO

インタビューに応じる野村ホールディングスの永井浩二グループCEO=東京都内で2018年12月27日、竹下理子撮影

 --昨年末から株価が急落するなど市場が不安定化しています。

 ◆日経平均株価が2万円を割るような状況は、企業価値から見て極めて割安だ。海外の不確実性に引きずられている。企業業績は堅調であり、為替が想定外に円高になったり、中国景気が大きく落ち込んだりしない限り、増益基調は続くだろう。本来の価値に戻れば、2万4000円程度まで上がると考える。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです