メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

米中対立一番のリスク 野村HD・永井浩二グループCEO

インタビューに応じる野村ホールディングスの永井浩二グループCEO=東京都内で2018年12月27日、竹下理子撮影

 --昨年末から株価が急落するなど市場が不安定化しています。

 ◆日経平均株価が2万円を割るような状況は、企業価値から見て極めて割安だ。海外の不確実性に引きずられている。企業業績は堅調であり、為替が想定外に円高になったり、中国景気が大きく落ち込んだりしない限り、増益基調は続くだろう。本来の価値に戻れば、2万4000円程度まで上がると考える。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです