メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-糸谷哲郎八段 第30局の1

新竜王、広瀬

 昨年末に指された6回戦の最終局。昨日までご覧いただいた通り、またも豊島は全勝を守ってトップを譲らず、羽生善治九段も1敗でぴたりと背後につけている。

 広瀬は昨年末に大ブレークした。棋王挑戦に竜王奪取。わずか5日の間に大きな結果を出した。初タイトルの王位獲得は早稲田大学在学中の2010年。王位は翌年、羽生に奪い取られて無冠となったが、今回は、その羽生から虎の子の竜王を奪取した。

 その一方で、羽生はタイトル通算100期を目前に無冠に転落。ついに、羽生時代に一つの明確な区切りがつ…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです