メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-糸谷哲郎八段 第30局の1

新竜王、広瀬

 昨年末に指された6回戦の最終局。昨日までご覧いただいた通り、またも豊島は全勝を守ってトップを譲らず、羽生善治九段も1敗でぴたりと背後につけている。

 広瀬は昨年末に大ブレークした。棋王挑戦に竜王奪取。わずか5日の間に大きな結果を出した。初タイトルの王位獲得は早稲田大学在学中の2010年。王位は翌年、羽生に奪い取られて無冠となったが、今回は、その羽生から虎の子の竜王を奪取した。

 その一方で、羽生はタイトル通算100期を目前に無冠に転落。ついに、羽生時代に一つの明確な区切りがつ…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです