メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/2 豪雨避難、5段階警戒 情報で人は動かない

防災気象情報の改善策を議論した国の中央防災会議の作業部会=東京都千代田区で2018年12月

 住民が逃げない--。防災に取り組む国や地方自治体は難題に頭を抱える。住民のため避難を呼びかけても、従ってくれないのだ。昨年の西日本豪雨でも救えたはずの命が多く失われ、死者・行方不明者は関連死を含め247人に上った。

 毎日新聞は先月、西日本豪雨で被害が大きかった岡山、広島、愛媛の全70市町村に、住民避難の課題をアンケート形式で尋ねた。「避難情報を発令しても、避難に十分に結びつかない」「『自分だけは大丈夫』『今まで何もなかったから』という意識が根強い」「行政任せになっている」。担当者の苦悩が垣間見えた。

 政府によると、西日本豪雨で23府県の863万人に避難勧告や避難指示が出されたが、実際には約0・5%…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1365文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです