メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/2 豪雨避難、5段階警戒 情報で人は動かない

防災気象情報の改善策を議論した国の中央防災会議の作業部会=東京都千代田区で2018年12月

 住民が逃げない--。防災に取り組む国や地方自治体は難題に頭を抱える。住民のため避難を呼びかけても、従ってくれないのだ。昨年の西日本豪雨でも救えたはずの命が多く失われ、死者・行方不明者は関連死を含め247人に上った。

 毎日新聞は先月、西日本豪雨で被害が大きかった岡山、広島、愛媛の全70市町村に、住民避難の課題をアンケート形式で尋ねた。「避難情報を発令しても、避難に十分に結びつかない」「『自分だけは大丈夫』『今まで何もなかったから』という意識が根強い」「行政任せになっている」。担当者の苦悩が垣間見えた。

 政府によると、西日本豪雨で23府県の863万人に避難勧告や避難指示が出されたが、実際には約0・5%…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです