連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

災害時は「お湯ポチャ」調理

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「お湯ポチャ」でマーボー高野豆腐を作る管理栄養士の今泉マユ子さん=東京都中央区で
「お湯ポチャ」でマーボー高野豆腐を作る管理栄養士の今泉マユ子さん=東京都中央区で

 災害時に電気やガス、水道が使えなくなっても、ポリ袋があれば簡単に食事を作ることができる。食材を入れて湯煎で火を通すだけの「パッククッキング」「ポリ袋調理」などと呼ばれる調理法だ。専門家に教わった。

 ●ポリ袋で炊飯も

 ポリ袋を使った調理法は、うまみを逃さず、いくつかの料理を一つの鍋で同時に作れるのが利点だ。鍋は汚れず、水は何度も使えるので節約になる。洗い物を減らすため、袋のまま食べる。何よりも温かいものを食べられるのがうれしい。カセットコンロとガスボンベ、鍋を備えておき、ポリ袋は高密度ポリエチレン製を使う。管理栄養士で災害食に詳しい今泉マユ子さんは「お湯ポチャ」と名付け、さまざまなレシピを提案している。

 まずは基本となるお米の炊き方から。ポリ袋に米と水を入れて、空気を抜きながら根元からねじり上げ、できるだけ袋の口に近い部分で結ぶ。加熱すると膨張するためだ。その後、水を張った鍋に入れ、ふたをして火にかける。沸騰したら中火で20分。火を止めて蒸らしたらできあがり。全がゆも同じように作れる。米は無洗米が好ましいが、災害時は有洗米でもいい。

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文2112文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集