メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お湯ポチャ」でマーボー高野豆腐を作る管理栄養士の今泉マユ子さん=東京都中央区で

 災害時に電気やガス、水道が使えなくなっても、ポリ袋があれば簡単に食事を作ることができる。食材を入れて湯煎で火を通すだけの「パッククッキング」「ポリ袋調理」などと呼ばれる調理法だ。専門家に教わった。

 ●ポリ袋で炊飯も

 ポリ袋を使った調理法は、うまみを逃さず、いくつかの料理を一つの鍋で同時に作れるのが利点だ。鍋は汚れず、水は何度も使えるので節約になる。洗い物を減らすため、袋のまま食べる。何よりも温かいものを食べられるのがうれしい。カセットコンロとガスボンベ、鍋を備えておき、ポリ袋は高密度ポリエチレン製を使う。管理栄養士で災害食に詳しい今泉マユ子さんは「お湯ポチャ」と名付け、さまざまなレシピを提案している。

 まずは基本となるお米の炊き方から。ポリ袋に米と水を入れて、空気を抜きながら根元からねじり上げ、でき…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです