メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

災害時は「お湯ポチャ」調理

「お湯ポチャ」でマーボー高野豆腐を作る管理栄養士の今泉マユ子さん=東京都中央区で

 災害時に電気やガス、水道が使えなくなっても、ポリ袋があれば簡単に食事を作ることができる。食材を入れて湯煎で火を通すだけの「パッククッキング」「ポリ袋調理」などと呼ばれる調理法だ。専門家に教わった。

 ●ポリ袋で炊飯も

 ポリ袋を使った調理法は、うまみを逃さず、いくつかの料理を一つの鍋で同時に作れるのが利点だ。鍋は汚れず、水は何度も使えるので節約になる。洗い物を減らすため、袋のまま食べる。何よりも温かいものを食べられるのがうれしい。カセットコンロとガスボンベ、鍋を備えておき、ポリ袋は高密度ポリエチレン製を使う。管理栄養士で災害食に詳しい今泉マユ子さんは「お湯ポチャ」と名付け、さまざまなレシピを提案している。

 まずは基本となるお米の炊き方から。ポリ袋に米と水を入れて、空気を抜きながら根元からねじり上げ、できるだけ袋の口に近い部分で結ぶ。加熱すると膨張するためだ。その後、水を張った鍋に入れ、ふたをして火にかける。沸騰したら中火で20分。火を止めて蒸らしたらできあがり。全がゆも同じように作れる。米は無洗米が好ましいが、災害時は有洗米でもいい。

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文2112文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです